エキシマライトによるナローバンド光線治療|診療案内|ヒフ科クリニックいつみ

エキシマライトによるナローバンド光線治療

病変部位のみの治療が行えるターゲット照射型光線治療

これまで広域照射しか出来なかった光線治療(紫外線治療)に、病変部位にスポット照射が行えるターゲット型照射装置が登場しました。

光線治療の種類

尋常性乾癬や尋常性白斑といった疾患に対して現在行われている光線治療には、「PUVA療法」や「NB(ナローバンド)UVB療法」といったものがあります。

これらの治療法では広範囲の照射しか出来ず、治療時に健康な皮膚にも照射されるため、光の強度が弱く、なかなか治療効果が見られませんでした。

PUVA療法光感受性薬剤(ソラレン)を塗布又は内服して、長波長紫外線(UVA)を照射する光化学療法
  • 照射後に遮光が必要
  • 照射範囲が広いため、健康な皮膚にも照射される
  • 過剰照射による日焼け症状、色素沈着、長期照射による発ガン性などのリスクがある
NB-UVB
療法
311nm(ナノメーター)中波長紫外線(UVB)を照射する光線療法
  • 内服や塗布、照射後に遮光の必要がない
  • 治療に効果のある波長のみを照射するため、副作用(日焼け症状など)が少ない
  • 照射範囲が広いため、健康な皮膚にも照射される

エキシマライトによるナローバンド光線治療とは

当院で採用している「エキシマライト」は区分的には「NB-UVB療法」にあたりますが、従来の機器と異なるターゲット型紫外線照射装置ですので、病変部位にのみスポット照射を行うことが可能です。

このため、これまでよりも強度の強い光線を照射出来ますので、今までの光線治療でなかなか効果を感じられなかった疾患に優れた治療効果を発揮します。

エキシマライト照射装置308nm中波長紫外線(UVB)を照射するターゲット型光線療法
  • 内服や塗布、照射後に遮光の必要がない
  • 病変部のみにスポット照射が行える
  • NB-UVBよりも短時間に効果が確認出来る
  • ターゲット照射型のため、病変部の範囲によっては、治療回数が増える

エキシマライトによるナローバンド光線治療の効果

エキシマライトによるナローバンド光線治療は、乾癬(尋常性乾癬、膿疱性乾癬)、尋常性白斑(しろなまず)、アトピー性皮膚炎、接触性皮膚炎などの疾患の治療に効果的です。

乾癬・類乾癬

紅斑、皮膚剥離及び膿疱の減少や消失、乾癬そのものの減少や消失が確認されています。副作用はまったく確認されていません。
治療開始後約6週~12週目で病状の改善がみられます。

乾癬症例写真

乾癬症例写真2

尋常性白斑

尋常性白斑は難治性の疾患ではありますが、エキシマライトによるナローバンド光線治療は、他の治療法よりも優れた効果が確認されています。
ターゲット照射型ですので、お顔、首、手足、手指などの見える範囲にもっとも効果が期待できます。
また、発毛が見られる部位は治癒効果が早く現れます。

尋常性白斑症例写真

尋常性白斑症例写真2

エキシマライトによるナローバンド光線治療について、詳細や不明な点は当医院までお問い合わせください。

TEL:072-330-5743

治療を受けられる方へ

施術について

  • 弱めから徐々にパワーを上げていき、約6週間~12週間でかゆみ・水疱等の湿疹が軽快し始めます。(個人差があります)
  • 同じパワーでも回数を重ねると赤く反応が起こり(強く日焼けした状態)、痛みが出ることもあります。
  • 反応が起こった場合は、別に外用剤(デルモベート軟膏)を処方します。外用薬を塗布していただくと、2~3日で痛みは軽減されます。そのあと炎症後色素沈着に変わり、薄茶色くしばらく残りますが、約6ヶ月位で徐々に消えていきますので心配はいりません。また、その部位は湿疹が早く治りやすくなります。

料金等

保険適応、3割負担 ⇒ 1,050 円(初診、再診料を除く)
1割負担 ⇒  350 円 (初診、再診料を除く)

  • ※ 保険適応は1ヶ月に8回までです。
  • ※ 一週間に一度の割合で通院されるのが望ましいです。
  • ※ 施術は完全予約制とさせていただきます。

このページの先頭へ戻る